バイヤーズガイド: レーザーオートメーションを理解する

レーザーオートメーションの軸モーション制御

Z軸モーション

Z軸モーションの役割は、ワークピースの表面の高さをレーザーの焦点距離に一致させ、ワークに対して最適なエネルギー密度を確保させることです。 フォーカスは、同じパーツ間で頻繁に調整させる必要はありませんが、マーキング動作、品質と位置決め精度を達成するために、Z軸モーションは必要です。

Note: 赤色の領域はレーザーマーキングエリア、緑色の領域はマーキングエリアのZ軸の稼働範囲です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

XY+Z軸モーション

XY軸の役割は、レーザーの加工ヘッドに対してワークピースをさらに大きく移動および配置させることです。
レーザー業界でも広く採用されているこの構成では、エンコーダからのクローズドループフィードバック機能を採用してミクロンレベルの精度を実現できますし、グレーティングコードを採用してサブミクロンの精度も実現することができます。

サンプル画像:タワー型の3種類のサイズ: XY12, 18, 24

Note: 緑色の領域は、XY軸プラットフォームのストロークでの可動範囲です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

R+Z軸モーション

「R」の回転軸の役割は、ワークピースを反転および回転させることです。レーザーでワークピースの複数の面を加工したり、円筒形のワークピースの周囲に彫刻したりできます。

サンプル画像:円筒形部品やトロフィーの回転マーキング

Note: 赤い領域はレーザーマーキング領域です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

XR(YR)+Z軸モーション

XまたはY直線運動を伴う「R」の回転軸の役割は、レーザーがワークピースの複数の面と円筒面を加工できるようにしながら、1つの軸でレーザーの加工範囲を拡大することです。

サンプル画像:照準器メーカーが採用した回転軸 + X(Y)のマーキング

Note: 赤い領域はレーザーマーキング領域です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

XYR + Z軸モーション

XY直線運動を伴う「R」の回転軸の役割は、両方の軸でレーザー加工範囲を拡張すると同時に、レーザーがワークピースの複数の面と円筒面を加工できるようにすることです。

サンプ画像: 腕時計メーカーが採用した文字盤のXYプラットフォーム+Z軸のマーキング

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

D + Z軸モーション

「D」のダイヤルワークベンチは中心軸「A」を基準に回転し、マルチステーションとしてプロセスの半自動ロードおよびアンロードを可能にします。

サンプル画像: 28, 36, 48″ ダイアル型ステーション

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

吊り下げ型 X + Z軸モーション

吊り下げ型のX軸の役割は、コンパクトな構造にしながらワークピースの有効配置領域を増やすことです。

サンプル画像: VALUE LINE 2.5, 3.0, タワー型の吊り下げX-Z軸デザイン

N
ote: 赤い領域はレーザーマーキング領域であり、緑の領域はXZ軸制御下でのワークピースの可動範囲です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

吊り下げ型 Y + Z軸モーション

吊り下げ型のY軸の役割は、ワークピースの有効配置面積を増やすことです。

サンプル画像: 建築材料資材メーカーが採用したY+Z軸のマーキング

Note: 赤い領域はレーザーマーキング領域、緑の領域はXZ軸制御下でのワークピースの可動範囲です。

独自のオートメーションをご希望の場合はここをクリックしてください。
コントロールレーザー社に相談したい場合は、ここをクリックして、カスタマイズされたオートメーション・コンポーネントを選んでください。

Free tests for your workpiece samples!

Match your application with right machine configuration before you buy

Contact Us (407) 926-3500 Price Match Online Order Guide