エラープルーフ(防止)マネージャー

Control LaserLaser software

エラープルーフ(防止)マネージャー

エラープルーフマネージャーは、LASソフトウェアのオプションのカスタマイズされたモジュールであり、レーザープロセスのジョブファイルとワークピース間の不一致を回避するというお客様のニーズを満たすように設計されています。 このモジュールは、統合されたハンドヘルドのバーコードリーダーと次の2つの方法で動作します。

フィクスチャ(固定)モード:

これは、バーコードが装置内に組み込まれ固定されて使われます。

オペレーターが固定されたバーコードリーダーを介して読み込むと、レーザー装置がそれを認識し、対応するレーザージョブファイルをロードして、正しいプロセスが実行されるようにします。 このモードは、ワークの種類が限られている場合の大量生産に適しています。

Fixture method

トラベラーモード:

このモードのバーコードは、事前に用意するワーク一覧表のワーク画像の横に印刷しておき、そのバーコードを読み込ませます。

オペレーターは、ストックからワークピースと指示書を取り出し、レーザー装置に移動してワークピースを処理し始め、最終的に完成したワークピースと一緒に指示書を戻します。 ワークをセットした後、ワーク一覧表にあるワークピースに一致させたバーコードをスキャンすることで、レーザー装置はレーザー加工ジョブファイルがロードされます。 オペレーターのアクションは、ワークをロードすること、スキャンすること、およびレーザーボタンを押すことのみに簡略化されており、不一致のエラーを回避します。

このモードは、ワークピースの種類がたくさんある小ロットの生産に適しています。

Traveler method

Free tests for your workpiece samples!

Match your application with right machine configuration before you buy

Contact Us (407) 926-3500 Price Match Online Order Guide