レシピ

Control LaserLaser software

レシピ

レーザー加工するための加工条件であるレシピは、レーザー光源側とビーム照射動作側の制御のパラメーターで構成されています。 レーザーのスキャニングは、塗りつぶしパターンと複数のパスの設定が選べます。 レーザー加工レシピは、作成されたワークピースのZ軸制御等の動きについては保存されないため、装置が替わっても利用可能なグローバルレシピにすることができます。

LASソフトウェアのレシピは、装置が替わっても利用可能なシェア出来るレーザー加工レシピ(パラメーター設定)のための、データベースツールの位置付けです。

マトリックス(配列)でのレシピ

  • 4つのモードが対応可能:ドット、テキスト、CMDファイルやインポートされた画像。
  • 9つの塗りつぶしパターンや複数回パスが対応可能。
  • マトリックス(配列)での設定で、行と列の間隔の値を手動設定。
  • マトリックス(配列)の行と列の数を入力して、最大可能レーザーエリアになるよう自動調整したり、手動で設定したりできます。

レシピの管理

  • あるワークピースのために保存した加工ファイルのプロパティには、複数のレシピが保存できるようにサポートされています
  • レシピは、オブジェクトごとに個別、または複数のオブジェクトを1つのグループで適用できます
  • 複数用意したレシピの中から簡単に選択することができるカラーボタンをご用意

レシピの更なる情報

MyCLCにログインすると、レーザーレシピのシェアリングについて、もっと詳細が確認できます。

Free tests for your workpiece samples!

Match your application with right machine configuration before you buy

Contact Us (407) 926-3500 Price Match Online Order Guide